エタニティタイプ

ダイヤモンドをたっぷり使ったタイプ

指につけるアクセサリーとして指輪があります。自分で購入したりパートナ―などからプレゼントされたりいろいろあるかもしれません。お金に余裕があれば、いつでも自分の好きなデザインや好きな宝石がちりばめられたものを購入できるかもしれません。しかし高級な指輪となると購入できるときは限られます。婚約指輪は婚約をするときに受ける指輪で、結婚指輪のように日常的につけるものではありません。比較てきらびやかなものが選ばれます。その中でも人気があるのがエタニティタイプです。指輪の周りにぎっしりダイヤモンドが入ったタイプで、プラチナなどよりも輝きが異なります。自分から見てもダイヤが見えますし、他人に対してもダイヤを見せられます。

強度も考慮してデザインを考える

婚約をするとき、パートナーから婚約指輪を受けるかもしれません。サプライズとして渡されたりもしますが、最近は一緒に選びに行くケースが多いようです。一緒に選べば自分の好みのものを買ってもらえます。つける指としては左手の薬指になりますが、将来的には別の指につけるときもあります。結婚指輪のように、つけ続けるわけではないからです。エタニティタイプは、リングの周りにダイヤモンドを敷き詰めたタイプで、その中でもデザインはいくつかあります。薬指は比較的負荷がかかりにくいので、多少派手な装飾が付いたものでも問題なくつけられます。人差し指や中指となると負荷が大きくなり、強度がないといけません。レールなどでしっかり留めたものを選ぶと良いでしょう。

プロポーズは、相手に結婚を承諾してもらうプロセスですから、承諾してもらえるような雰囲気作りがとても大切です。